二人まぶた養育の願望と現実はかけ離れて難しいものになるかもしれない

第一子と8才ズレで第二人のお産をしました。
大小年が離れている分、幼児二人の不都合を一度にみることは無いので、第二人の懐妊している時は「はじめ人視線は何かと微妙になりがちだったけど、経験がある分、今度はゆったり養育出来るかな」なんて思っていました。

更に、懐妊後期の検診ところ、胃腸の赤ん坊は乙女だという事も分かったので、「長男はチョロチョロしてたし、男子の養育は体力的に大変だったけど、今度は乙女だから静かな養育が出来るのかなぁ」
なんて思っていたのですが、子供も3才になりベストと実情ってこうも違うものなかと体感している。

やはり、下の人は激しい。
これはきっと、生まれながらに自分の他にも両親の情愛をとらえるライバルが存在するために、持論が強かったりするのだと思いますが、乙女だから静かな養育なんて夢のまた夢でした。
しょっちゅう主張するし、のちが男子だからでしょうが、どちらかと言うと大笑いキャラクターな女の子になっています。
長男の仲の良い友達に囲まれて育ったこともありますが、状況が男子のようです。
ふざけて爆笑奇声を上げてみたり、爆笑面持ちをしてみたりと、まるで返答芸のようです。

8才ズレなので楽な現状もありますが、小学生へ覗く会合が数多く、子供のお昼寝時間帯に重なってしまうので、終始グズリぎみだったりします。
こういう三年間は常にこう言う感じで、長男を見に行った気なのに、ずっと子供をあやしていてジックリと長男の塩梅が観られない実績となってます。

家庭では長男は抵抗期に入り、色々と注意する事も増えました。
長男に注意していると、後ろで子供がギャーギャー騒ぎはじめ、子供にも警報をしたり
同時に二人を別々の科目で説教やるデイリーだ。

年が離れていても、それはそれで困難事も多いのが現実ですし、乙女でも物静かではなくガチャガチャした感じの女の子でした。
ベストと実情、あまりにも変わり過ぎましたが、二人両者可愛らしい大好きだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です