成長とは、親の思い通りにさせることなのか?それは違うとおもう。

赤ん坊を育てていて、非常に考えさせられ、気づかされた実例があります。
赤ん坊は、前もって約束してないお親友の我が家に、直「楽しめる?」と正解しに出向くことが多いのです。
そして「お宅の子は行儀を知らない、うちの子だって急に加わることに嫌がっている」と文句を言われてばかりで。
何回「突然お親友が来て、遊べなくて突っ撥ねるの不愉快でしょ?自分がされて不快ことは、他の人にもしないように。ちゃんと前もってコミットをしてきなさい」と諭してきたか。
でも、ある日、赤ん坊が言った言葉にまぶたが覚めました。
「妻、おれ、約束してないお日様にも親友が正解してマッチにきてくれたら、すげぇ美味しいのに。ダメな時は反対で、また次遊べばいいだけだから撥ねつけるのも別に不愉快じゃないし。」
あぁ、赤ん坊は自分がされて不快場所じゃなかったから、お親友の我が家に積極的に正解してたのか、と。
突っぱねることに負い目を感じていたのは、大人です私のアイデア方だったのか。
そして、親友の方も実は嬉しくて、嫌がっていたのはやはり、突然来られても断らなければならない大人の負い目であった事実も知りました。
そういえば、うちの赤ん坊は親友が非常に多くて、そういった負い目を有するわたくしは親友が数少ない・・・
もしかして、わたくしが赤ん坊を見習うべきなんじゃないか?とすら思いました。
父兄とちびっこの感度がこんなにも違うのに、大人が勝手に弱み視して、子供たちの感触や行動を抑制して「訓練」としてしまう事は非常に残念な場所ですな、と感じた案件でした。
胡蝶蘭通販ナビ|値段も優しいおすすめサイト

姉妹が重なるときの大変さと、注意したことを自分質問

結婚して初めての小児は男性でした。長男が産まれてからは、初めての子育てに理由もわからず、でもすごい可愛出向くて、ほとんど怒ったりイライラすることも無く育て上げることができました。長男が1才になり、受胎してることが行き渡り、ずっと甘やかして育てたこともあり、2人目線産む時はひどく不安でした。乳児かえりや
乳児をいじめないかなど。年人で産まれたので、次男を出産してからは、長男がまだオッパイを卒業してなかったので、オッパイもマガジン人が飲みたいだけ飲ませたいと考えていたので、2人同時に、双子のように飲ませてました。寝かしつけも添いミルクしながら、長男も私の上に乗って一緒に飲んでました。乳児が寝てる時は、長男を優先するようにして、長男を甘えさせる時間をとにかく作るようにしました。そうすることで、乳児を愛くるしいがってくれました。それから2年経ち、3番目が産まれてからは、2人で乳児をとてもかわいいがってくれてます。長男が幼稚園に行き始めたので、今度は次を甘える時間をとにかく調べるようにしています。乳児はオッパイで寝てる時間が多いので、手がかかるけど、それ以外の時間は上の人にかける結果、乳児に焼き餅とかも少なくなり、明るいがってくれる。3人同時には耐え難いので、情愛不十分にならないよに気をつけてます。プロフェッショナルスレンダーメイクレギンス|使ってみた口コミは?メリットとデメリットまとめ